コース紹介

小学部

対象:小学5年生~6年生

国語・算数・英語
グループ指導

中学部

対象:中学1年生~3年生

数学・英語を主とした5教科
グループ指導

高校部

対象:高校1年年生~3年生

英検準2級・2級の対策講座
グループ指導

 小学部
 学びの基礎づくり

無学年制のグループ学習
(対象は5年生以上)

『文章を正しく読み、理解する力』
この力が身についている子供は、中学・高校で勉強に本気になった時に間違いなく伸びます。今の中高生の中には、教科書の内容や参考書の解説が理解できない生徒が多くいます。
悠学舎では、将来『自分の力で教科書や参考書の内容を理解して、自力で学べる人になる』ことを目標に教科を問わず文章理解に重点を置いて指導していきます。

①国語(読解)
様々な文章に触れ語彙力や表現力を鍛えます。初見の文章を自分なりに解釈してみること目的としています。
また、グループで学ぶことで自分と他人の意見を比較したり、自分の意見を伝えたりする練習も積み重ねていきます。

②算数
中学生になり数学でつまずく原因の1つに小学校での既習内容である小数・分数の計算が身についていないことがあげられます。
悠学舎では毎回授業の最初に四則演算の問題を解かせます。速く正確に解けることが大切です。文章題も時期ごとにテーマを決めて解いていきます。

③英語
現中1で学ぶ英語の内容を学習します。中学校で英語でつまづく生徒の多くは『英語』とういものに慣れておらず、単語力も不足しているケースが多いです。小学生の間に多くの単語にふれ、英文のリズムに慣れて中学で良いスタートを切れるように学習を進めていきます。

 中学部
 学びに工夫を取り入れる

『工夫を重ね、結果にこだわる』
中学生の3年間は、学力だけでなく人間的にも大きく成長する時期です。勉強にしても部活動にしても「言われたことだけをやる」という悪い習慣は断ち切りましょう。自分にあった勉強法は工夫なしには見つかりません。
兵庫県の高校入試制度は、見方によっては非常に恵まれています。『内申点は3年生の成績から』言い換えれば、1・2年の間は自分にあった勉強法を模索できるチャンスなんです。たくさん工夫をして結果が出る勉強法を見つけていきましょう。
工夫を重ねる経験は、将来的に必ずあなたの糧となります。

中学1・2年生

Basic 2科目コース(定期テスト対策含)

中学1・2年生では英語と数学の学校進度の先取りをしながら高校受験に必要な内容を学んでいきます。受験問題の半分は中学1・2年生の学習内容と言っても過言ではありません。
学校内容の枠組みにとらわれず、発展問題を解いたり既習内容の復習を織り交ぜたりしながら、実力をつけていきます。

また、テスト前にはテスト対策の授業を実施し、学校のテストで結果が出るようにサポートもしていきます。学校の課題をやっただけでテスト勉強をしたつもりにならないように、他教科のテスト対策プリントも配布しますので、一定以上の勉強量はこなしていきます。

中学3年生

Basic 5科目コース (定期テスト対策含)

こちらのコースは高校受験で志望校に合格することを目標に学習を進めていきます。
志望校に合格するためには「内申対策」「入試対策」の2点が重要になります。

このコースの1年の流れとしては、内申対策中心から問題を解く実力育成へと比重を移しつつ、学力を伸ばしていきます。
具体的には、12月までは「内申」のために定期試験対策を中心に授業を実施し、12月以降は「入試」のために初見の問題に対する実力を伸ばします。

高校受験という大きな節目を、学力の飛躍はもちろん人間的にも大きく成長するチャンスに変えてほしいと考えています。

そして、高校受験はあくまでも通過点でありゴールではありません。高校受験で身に付けた貴重な学力や学習習慣をなくしてしまわないように、高校受験が終了してから高校に入学するまでの期間に「高校準備講座」も実施いたします。
高校生活で良いスタートを切れるように、勉強を続けておきましょう。

 高校部
 高校卒業程度の英語力養成

英検対策コース (無学年制グループ学習)

最終的に英検2級の取得を目的に学習を進めていくコースです。『英検準2級コース』と『英検2級コース』をご用意しております。

検定教材を軸に学習を進めていくことで、英検本番の出題傾向が自然と身に付きます。また、学校の授業と切り離して英語の学習を進めていくことで、自分の本当の”理解度”を確認する事ができます。定期考査では点が取れるが実力考査になると点が取れない。英検対策コースでその原因が見つかるかもしれません。

英検2級程度の実力がついていれば、大学生になり英語の講義を受ける際やTOEICの学習をする際に最低限の学力は備わっていると言えるでしょう。